静電気の正体とは?対策と予防で快適に!

スカートがまとわりついたり、洋服を着たり脱いだりした時にパチパチときたり、金属のドアノブやお家の水道の蛇口やシンクに触れた時などに突然バチッとくる、チョット怖くていやな静電気。

ビックリする事、ありますよね?

あんまりひどいと、お家の電気回路が漏電しているのでは???

そのような心配をしてしまうかもしれない、静電気についていろいろと調べてみました。

静電気がどうして発生するのか?効果的な対策はあるのか?

それでは、ひとつひとつ一緒に確認していきましょう。

スポンサードリンク

静電気はどうして発生するの?

全ての物体は、目で見て確認する事はできないのですが、プラス(+)とかマイナス(-)の電気(プラスの陽子とかマイナスの電子)を持っています。

普通の状態では、プラス(+)とマイナス(-)の電気の数が同じで中性の状態にあります。

しかし人体は、少量の静電気を貯めてしまうので、カーペットの上を歩いたり椅子に座ったりと物と接触した時やこすりあったりした時に帯電する事があるのです。

この物体が接触や摩擦をした時に、動きやすい物体の一番外側のマイナス(-)の電子が移動して、プラス(+)またはマイナス(-)に帯電(電気をを貯めてしまう)している状態になります。

この状態になると、お互いに引かれあう力が働きます。

帯電して、プラス(+)とマイナス(-)の電気のバランスが崩れてしまっている状態で、金属のドアノブや水道の蛇口またはシンクに触れた時、その状態を中和しようとマイナス(-)の電気が移動する時に静電気が発生してしまうのです。

静電気は意外と高電圧!

静電気の電圧は、意外に高いです。
数千ボルト~数万ボルトの高電圧が発生しているようです。

電圧のことだけで考えると、とても怖いですよね。

お家にある、コンセントの電圧は100ボルトと200ボルトなので、その何倍~何十倍の電圧には、正直驚きです。

しかし、実際に静電気を手に受けた時、どのような感じなのでしょうか?

1000ボルト⇒全く感じない

2000ボルト⇒指の外側に感じるが痛まない、かすかな放電音あり

※洋服を脱いだりする時に発生する静電気がこれくらいです。

3000ボルト⇒針で刺された感じを受け、チクリと痛む

※ドアノブなどに触れた時に発生する静電気がこれぐらいです。

4000ボルト⇒針で深く刺された感じを受け、指が痛む。

5000ボルト⇒手のひらから前腕まで痛む。

10000ボルト⇒手全体に痛みと電気が流れた感じを受ける。

12000ボルト⇒手全体を強打された感じを受ける。

静電気はとても高電圧ですが、流れている電流がとても少ないので感電してしまうことはないのです。

極端な例えをすると、台風で増水した川の水の流れが家のコンセントなどの電気で、水道の水が静電気みたいなかんじなのです。

増水した川の流れに流されてしまったら・・・
とても怖いですね(>_<) でも、水道の水なら怖くないですよね。

静電気の発生しやすい環境とは?

静電気は、気候や環境により発生率が変わります。

気温と湿度が低い、特に冬の乾燥した気候で発生しやすくなります。

湿度20パーセント以下で、気温が25度以下の環境になると静電気は発生しやすいので、帯電体質の人にはつらい気候になります。

湿度が高い夏の時期でも静電気は発生しますが、汗や空気中の水分を伝って、体や洋服に帯電している電気が流れやすいのでは発生が少なくなります。

冬は空気が乾燥して空気中の水分が少なく、洋服を何枚も重ね着したりして、帯電しやすくなっているのです。

静電気を発生しにくくする対策は?

冬に着るフリースは、素材がポリエステルで出来ています。
マフラーやセーターはウールの素材が多いですね。

下に表があります。

・ウール・羊毛
・ナイロン
・レーヨン
・絹
・皮
・綿
・麻
・ポリエステル
・アクリル
・塩化ビニル

ウールや羊毛は、プラス(+)の電気に帯電しやすいです。

下に行くほど、マイナス(-)の電気に帯電しやすい素材になってます。

表の中の素材と素材の距離が、遠くなるほどこすれ合った時に静電気が発生しやすくなるのです。

出来るだけ、プラスとプラスとかマイナスとマイナスといった感じで、同じような性質の素材で組み合わせると、静電気も発生しにくくなるようです♪

柔軟剤は静電気を防止する効果が期待できる?

静電気防止スプレーを使うのが一番だと思いますが、衣類の洗濯をする時に使う柔軟剤。

この柔軟剤に、静電気を防止する効果があるみたいなのです。

柔軟剤に含まれる、「界面活性剤」にその効果があります。

静電気防止スプレーにも、この界面活性剤が入っています。

効果は?

空気中の水分を吸収して、洋服の繊維の表面に膜を作って摩擦を軽減します。

水分が蒸発する時に、一緒に静電気を連れていってくれる。

このような効果が期待できますよ♪

静電気を除去するグッズ!

静電気を除去するグッズですが、セルフのガソリンスタンドなんかでおく見かけますよね。

「給油前にタッチして下さい!」と表記されているアレです。

さすがにこんな大きな物は、携帯するのに問題がありますよね。、

市販品で、静電気除去キーホルダーや髪の毛のゴムやブレスレットなどがあります。

これらの物は、携帯性に優れていて、その上手軽に使えるのがいいですよね(^O^)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

静電気がどのように発生して、意外にも電圧が高いことに驚きでしたね。

人によって、感じ方も様々だと思いますが、対策して予防出来るにこしたことはないと思います。

便利なグッズなども活用すれば、これからは静電気のいやな思いもしないでよくなるかもしれないですね。

最後まで、読んでいただきましてありがとうございましたm(_ _)m

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする