入学祝いの金額の相場は?孫・甥・姪の場合は?渡し方はどうしたら?

 

春と言えば桜、桜と言えば新入学の季節ですね。

自分の子供はもちろんですが、自分の兄弟の子供やお孫さん達の成長ははやいものです。

そして、「甥・姪」「孫」が小学校・中学校・高校・大学などの入学の時期を迎えます。

本当にあっという間ですよね。

そんな時期に、気になるのが「入学祝い」ではないでしょうか?

文具セットなどの品物や、後で自分の好きな本などを購入する事出来る図書カードを贈る場合も多いと思います。

ひとまず、一般的な相場の金額を知ることで、直前になって悩まずに済みますよね。

小学校~大学までの、気になる入学祝いの相場と渡し方を調べてまとめてみました。

気になった時に、参考にして下さい。

スポンサードリンク

入学祝いの相場

入学祝いの相場の金額を、小学校から大学までの段階別で調べてみました。

おじいちゃんやおばあちゃんは、カワイイ孫には特に奮発しがちになります。

小学校の入学祝いの場合

孫にお祝いをする時は、1~3万円というのが多いようです。
甥や姪にお祝いをする時は、3千円~5千円というのが多いようです。

お孫さんの場合には現金ではなく、ランドセルや学習机などの高額なプレゼントをされるケースも多いみたいです。

その場合、プレゼントがダブらないよう事前に確認しておいた方がいいでしょう。

その他に文具セットや、もらった後に自分の好きな本を購入する事ができる、図書カードも人気があります。

中学校の入学祝いの場合

中学校の入学祝いの相場は、小学校と同じというのが多いです。

孫にお祝いをする時は、1万円~3万円と相場は変わりません。

甥や姪の場合が、5千円~1万円と相場が上がっています。

定番ですが、腕時計や財布カバンなどの品物を贈るケースもあります。

腕時計をもらったりすると、ちょっと大人の仲間入りをしたみたいで、きっと嬉しいと思います。

高校の入学祝いの場合

高校からは義務教育ではなく、多くの人が受験をして希望校に入りますよね。

受験を乗り越えて、志望校に受かった「合格おめでとう」という気持ちもあります。

そんな事もあり、甥や姪に贈る入学祝いは1万円が相場みたいです。

年齢ごとに、お年玉が上がるような感じですね。

孫に贈る入学祝いは、1万円から3万円が相場です。

大学の入学祝いの場合

孫に贈る入学祝いの相場は、3万円から5万円。

甥や姪に贈るお祝いは、1万~3万円が相場です。

入学祝いは、いつ頃?どのように渡したらいいの?

 

入学が決まってから、入学が始まる2~3週間前の3月初旬から中旬頃までに送るのがベストです。

1週間前とかだと、準備とかで忙しくなってくる時期だと思います。

お札はそのまま手渡しするのではなく、熨斗(のし)袋に入れて渡します。

渡す金額によって、その時に使う熨斗(のし)袋も変わります。

金額が10,000円以上の場合は紅白の蝶結びの水引がついたのし袋を選択します。

蝶結びは、結び直しが出来るので、入学祝いのように何回あっても嬉しいお祝いの時に使います。

のし袋も、金額に応じたものを使います。
豪華なのし袋に、少額のお金はつりあいません。

10,000円に満たない場合は、水引が印刷になっている熨斗(のし)袋を使います。

お祝い事なので、中に包むお札は新札を用意するようにしましょう

最後に!

いかがでしたでしょうか?

今回は小学校~大学までの「入学祝い」の相場について紹介しました。

入学は、子供にとっての大切な節目になります。

お祝いする人の「おめでとう」の祝福の気持ちが一番ですね。

ここに書かれている相場の金額は、あくまでも相場です。

最終的には、自分の思う金額が一番だと思います。

贈る人のその時の経済状況などに応じて、「贈る側」と「贈られる側」のお互いが無理のない金額を贈るようにしましょう。

事前に、身内同士で相談して金額を決めておくのもひとつの方法だと思います。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする