節電なら、手軽にできる照明のLED化からはじめませんか?

春や秋に比べて、夏と冬の高熱費は家計によろしくないです(>_<)   一年中秋のような気候が多ければ、随分家計もたすかるのですが・・・   「電気代」   出来ることなら、少しでも節約したいものです。   手軽に電気代を節電できる方法、その方法について調べてみました。   それでは、早速確認していきましょう!  

スポンサードリンク

電球と電球型蛍光球とLED電球の違い


電球と電球型蛍光球とLED電球って、見た目にはあまり違いがないような気がするのですが、一体どのような違いがあるのでしょうか?

玄関や洗面所、トイレなどで、電球やすでに省エネの為に電球型蛍光球を使われているお宅は多いと思います。

電球型蛍光球というのは、電球の形をした蛍光灯の事で、昔の電球と比べるとかなり省エネなんです(^O^)

でも、点灯してすぐの時、「あれっ」と疑問に思うことってないですか?

電球型蛍光球は、スイッチを入れて光ったすぐに、本来の明るさが出てないのです。

少し時間が経つと、本来の明るさになってくれます。

それに対して、電球とLED電球は点灯するとすぐに本来の明るさで光ります(^O^)

スイッチを入れてすぐに「パッと」本来の明るさは欲しいですよね。

寿命に関しても、電球と電球型蛍光球とLED電球とでは、かなりの差があるのです。

一般的な電球⇒1,000~2,000時間.

一般的な電球型蛍光球⇒6,000~12,000時間.

LED電球⇒40,000時間。

1日8時間使用する場合、なんとLED電球なら12年間も使える計算になります(^O^)

「え~っ」知らなかったかった!

電球やLED電球に比べて比べて、電球型蛍光球は点灯⇒消灯をこまめに繰り返すことで、どんどん寿命が短くなってしまうみたいなんです。

節電の為に、こまめに点けたり消したりすることで寿命が短くなるのはとても悲しいです(T▽T)

電球型蛍光球は、玄関やトイレや洗面所などは、こまめに点けたり消したりするので、使用するのには少し不向きですね。

そして、発光する為の消費電力ですが、LED電球は電球型蛍光球に比べて約半分くらい、電球と比較すると5分の1なんです(^O^)

電気ストーブなどの電化製品みたいに電力を消費しないと言っても、LED電球に取り替えるだけで確実に節電できてしまうので、これは嬉しいですよ。

また電球型蛍光球に比べて、熱線や紫外線をほとんど含まないので、物がいたみにくかったり虫も集まりにくいのが特徴なんです♪

太陽の陽があたるベランダに物をだしておくと、紫外線の影響で自然に色あせてしまってたことありますよね。

天井につけている照明のカバーの中に、よく虫が入ってないですか?

蛍光灯の照明からLEDの照明に取り替えると、中に入ったりしていた虫も入りにくくなるのですね。

天井をみて、照明のカバーの中に虫が入っていると、とても気になります。

昼光色・昼白色・電球色の色の違いと特徴

お店の売り場に行くと、ワット数の違い・色の違いまたメーカーも沢山あって、どれを購入すればいいのか迷う事はありませんか?

とにかく明るいのが好みの人は、ワット数の大きなもので昼光色や昼白色のものを選ばれると思います。

省エネを考えるのなら、ワット数は少し低めのものを選んだりするかもしれませんね。

目安は、明るさの目安、ルーメン(lm)値を参考にして下さい。

電球の60W相当なら、810ルーメン(lm)を選びます。

商品のパッケージに、60W形などと表記があるとおもいますので、これがあればわかりやすいです。

色別で明るさを比較すると、明るい順番から「昼光色」⇒「昼白色」⇒「電球色」となります。

昼光色は明るくハッキリしているので、物をハッキリみたい細かい作業をするような部屋などに適しています。

また、青みがかった光の色は集中力を高めて、脳を覚醒させる効果もあるみたいなので、勉強部屋や書斎に向いているみたいです。

昼白色は、太陽に近い自然な光で部屋を明るくするため、洋服選びや化粧などに適しています。

個人的には、この昼白色がいい感じかなと思います。

電球色は、電球のような色あいで暖かみのある落ち着いた光です。

リビングや和室や寝室に、この色を使うと落ち着ついて時間を過ごせそうですよ♪

そして電球色は料理が美しく見える色なので、食事をする食卓や飲食店に向いています。

ここまでみると、いいことばかりのLED電球ですが、熱に弱いという欠点があります。

お風呂のような場所や、天井に断熱材が入っているダウンライトに使用する場合などには、必ず密閉した場所でも利用できるタイプの『防雨・防湿器具対応』や『密閉型対応』ものを選ぶようにしましょう!

せっかくLED電球に交換したのに、すぐに壊れてしまったら悲しいですよね(>_<)   こんな感じの表記をした物を選んで下さいね。  

 
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

最後に

普段気にすることなく、当たり前のように使っている照明器具。

その光る色にも、特徴や違いがありました。

リビングの照明を取り替えるなら、できれば調色機能付きの物を選定するようにしましょう。

その日の気分で光の色を変更できたりするので、さらに快適に過ごせそうですよ♪

電球ひとつの取替だけでは大きな節電にはなりません。

最初は2つ3つ、そして最後には、お家の照明を全てLED化することで、節電の効果もより大きなものになるでしょう。

だだ取り替えるだけです。

あとは別に、何もしなくて節電効果が期待できます。

まずは、手間なく手軽に出来る、照明の取替からはじめませんか?

最後まで、読んでいただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方はコチラも読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする